抱っこ紐・ヒップシートでのお出かけも快適に!これから迎える夏の暑さ対策完全ガイド

抱っこ紐・ヒップシートでのお出かけも快適に!これから迎える夏の暑さ対策完全ガイド

子どもとの夏のお出かけを楽しむためのポイントや、抱っこ紐やヒップシートでのお出かけ時にも使える暑さ対策についてご紹介します!
 

もうすぐやってくる夏は、家族で楽しい思い出を作る絶好の機会です。お祭りや花火大会、プールといったイベントが盛りだくさん!しかし、小さな子どもを持つパパ・ママにとっては、暑い時期のお出かけが少々心配かもしれません。安全で快適な外出のために、夏の暑さ対策を事前にしっかりと計画しましょう。

この記事では、子どもとの夏のお出かけを楽しむためのポイントや、抱っこ紐やヒップシートでのお出かけ時にも使える暑さ対策についてご紹介します。家族で涼しく、快適に、元気いっぱい夏のお出かけや旅行を楽しみましょう!

暑い時期にお出かけする時の注意点

夏は日差しも強く、気温が高くなる時期です。近年では地球温暖化問題もあり、真夏日や猛暑日になることも多くあります。特に小さな子どもを連れてのお出かけは、事前にしっかり対策をしておくことが大切です。
ここでは、暑い季節に外出する際に注意すべきポイントと、子どもを熱中症から守るための基本知識、暑さ対策としての服装選び、水分補給の重要性について解説します。

夏の暑さに対する注意点

 

夏の暑さは思っている以上に子どもにとって厳しいもの。特に直射日光の下では、体温調節が未熟な子どもの体温は急速に上昇してしまいます。そのため、最も暑い時間帯(午後12時から午後3時頃)にはなるべく外出を避け、涼しい時間帯に活動するようにしましょう。早起きして午前中に公園で遊んだり、夕方の涼しくなった時間にお散歩するのはどうでしょうか?

また、なるべく日陰を選んで歩くことも大切です。あまり日陰がない場所を歩くときは日傘を使うのがおすすめです。気温が高い日はエアコンの効いた場所でこまめに休憩を取るなど、工夫して子どもが快適に過ごせるように気をつけましょう。

熱中症から子どもを守るために

熱中症は、汗をかき、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)の減少や血液の流れが滞るなどして、体温が上昇して重要な臓器が高温にさらされたりすることにより発症する障害の総称です。

子どもは発汗機能が大人に比べて未発達なため、特に熱中症のリスクが高く注意が必要です。また、晴天時は地面に近いほど気温が高くなるため、特に幼児は大人よりも危険な状態になります。暑い時期は子どもの様子をこまめにチェックし、異常があればすぐに涼しい場所へ移動させて休ませましょう。

子どもたちを熱中症から守るために、以下のポイントを心がけて対策しましょう。

  • 顔色や汗のかき方を十分に観察し、顔が赤く、ひどく汗をかいている場合は涼しい場所で休ませる。
  • 喉の渇きに応じて適切に水分が摂れるように子どもに学習させる。
  • 日頃から適度に外で遊ばせて、暑さに慣れさせておく。
  • 熱がこもらない服装を選び、暑さに応じて服を脱ぎ着することで体温を調節する。

水分補給の重要性とその方法

 

子どもは大人に比べて脱水症状になりやすいため、特に暑い時期の定期的な水分補給が非常に重要です。「喉が渇いた」と感じた時にはすでに水分が失われているため、喉が乾く前に少しずつ水分と塩分を補給させましょう。

外出前や外出中も、子どもが暑さで不快に感じていないか注意深く観察し、適宜水分を補給してください。水分補給は子どもの健康を守る大切な習慣なので、忘れないように気をつけてください。

おすすめの暑さ対策グッズ

子どもが夏の暑さで不快に感じないように、適切な暑さ対策グッズは欠かせません。ここでは、抱っこ紐やヒップシートを使うときにもおすすめのアイテムと、それぞれのアイテムを選ぶポイントをご紹介します。

冷却ベスト・保冷剤

背中や脇の下に保冷剤がセットされている冷却ベストや保冷シートを子どもに着けることで、熱中症を防ぐことができます。脇の下の大きな大動脈を冷やすことで、体温上昇を防ぎます。
冷却ベストや保冷シートは体に密着させるため、必ず子どもに合ったサイズを選ぶことが大切です。また、商品の対象年齢を確認し、安全のため大人の目の届く範囲で使用してください。

冷却ベストを着せられない乳児には、抱っこ紐やヒップシートの内側に布で包んだ保冷剤を挟むことで、体温を適度に下げることができます。保冷剤は、子どもの背中や側面に近い位置に配置し、肌が冷たくなりすぎないように適宜位置を調整してください。
注意点として、保冷剤が直接肌に触れないように気をつけてください。長時間肌を冷やしすぎると場合によっては凍傷のリスクもあるため、お出かけ時間に合わせたサイズの保冷剤を選び、ときどき位置をずらしながら使用しましょう。

小型扇風機

 

 

小型扇風機は、大人はもちろん、赤ちゃんや小さな子どもたちとの外出時にも非常に便利です。軽量で持ち運びやすいため、バッグに入れておくだけでどこでも使用できます。

特に、抱っこ紐やベビーカーに取り付け可能なタイプは、周囲の空気を優しく循環させるので、暑い日でも快適に過ごすことができます。風量調節が可能なモデルを選ぶことで、その日の気温に応じて最適な涼しさを調整でき、子どもが快適に過ごせるようにします。

また、子どもが指を入れて怪我しないように、羽根が露出していないタイプや、指が入らないくらい網の目が細かいタイプのモデルを使用することをおすすめします。

冷感タオル

水に濡らして軽く振るだけで冷たくなる冷感タオルは、子どもの首の後ろや手足に置くことで体温を下げるのに役立ちます。外出時には、このタオルをコンパクトに折りたたんで持ち運び、必要に応じて使用できるようにしておくと良いでしょう。

冷感タオルが直接肌に触れることになるので、子どもの肌に優しい素材で作られたタオルを選ぶことが大切です。また、長時間冷却効果が持続するタイプを選べば、外出が長くなった時でもずっと涼しさをキープできます。

ネッククーラー

最近よく見かけるようになったネッククーラーは、冷凍庫に入れなくても涼しい部屋に置いておくだけで固まり、クールダウンできる便利なアイテムです。体温より低くひんやり感じられるものの、冷えすぎないため急に冷えるのが苦手な方や低温やけどが心配な方にもおすすめです。

対象年齢は商品によって異なりますが、3歳以上からの使用を推奨しているメーカーが多いようです。安全のため、必ずメーカーの表示に従って使用してください。
また、子どもが遊んだり口に入れないように気をつけ、大人の目の届く範囲で使用してください。首につけるものなので、走り回ったりアクティブに遊ぶ際は外し、休憩の時にだけつけてあげるのが良いでしょう。

日除け・UVカットアイテム

 

夏の強い日差しは、子どもの敏感な肌にとって非常に危険です。UVカット機能を持つ日除け帽子、日傘、サンシェードは、外出時の必須アイテムです。特にヒップシートの使用時は子どもが直射日光に当たらないように、日傘やケープなどを使用して日陰を作ってあげてください。

これらのアイテムを選ぶ際は、紫外線を90%以上カットできるものを選ぶと良いでしょう。素材の品質とUVカット性能を確認し、長時間の外出に耐える耐久性のある製品を選ぶことが推奨されます。

抱っこ紐・ヒップシート

夏の晴天時は、地面に近いほど気温が高くなります。そのため、背の低い幼児が歩くと大人が感じている暑さよりもさらに高温の環境にさらされていることになります。大人の顔の高さで32℃の時、幼児の身長である50cmの高さでは35℃を超えてしまいます。

地面の照り返しを受けないよう、炎天下の中で子どもを歩かせ続けることは避けて、適度に抱っこ紐やヒップシートで抱っこしてあげるのがおすすめです。その際、通気性が高く蒸れづらい素材のものを選ぶことも重要です。

暑い季節にもPOMULUがおすすめ!

暑さ対策グッズも入る大容量

 

POMULUはお出かけに必要な荷物がしっかり入る大容量です。メインポケット、サブポケット、背面ポケット、小物用ポケットの4箇所のポケットがあるため、「どこに何が入れたか」がわかりやすく、バッグの中で荷物が迷子になってしまうこともありません。

 

 

暑さ対策グッズはかさばるため、夏は意外と荷物が多くなりがち。暑い中たくさんの荷物を持って移動するのは大変ですよね。POMULUなら500mlペットボトル、小型扇風機、冷感タオル、UVカットの帽子、日焼け止めがメインポケットに全部入ります。また、背面ポケットに布で包んだ保冷剤を入れておけば子どももひんやり快適に過ごせます。
POMULUといっしょに暑い時期も身軽にお出かけしましょう!

汗をかいても安心!洗濯機で丸洗い可能

夏場は特に、抱っこ紐やヒップシートが汗で湿りがちになります。そのため、丸洗いできる素材の選択は、衛生的にも非常に重要です。
POMULU 2WAYヒップシートは洗濯機で丸洗いが可能です!定期的に洗うことで清潔を保ち、子どもの肌トラブルを避けることができます。お子さまに直接触れるものなので、暑い日々も清潔に使いたいですね。

POMULUの洗濯手順

  1. ①洗濯ネットに入れます。中に荷物が残ってないかチェックをお忘れなく。
  2. ②ドライコースやおしゃれ着コースなど、弱流水で洗濯します。洗剤は、生地を傷めにくい中性洗剤がおすすめ。
  3. ③形を整え、陰干しします。

まとめ

 

適切な暑さ対策と準備をすることで、子どもと一緒の夏の外出を安全かつ快適に楽しむことができます。
POMULUは子どもが汗をかいても洗濯機で丸洗いできるので、夏の暑い時期も安心してお使いいただけます。暑さ対策に必要なアイテムもポケットにたくさん入るので、身軽にお出かけできます!
この夏も、家族で楽しい思い出をたくさん作りましょう!


 

出典:環境省 熱中症環境保健マニュアル 2022
https://www.wbgt.env.go.jp/heatillness_manual.php